トークンエコノミクス

FLOWトークンエコノミクス

Other languages: 中文版 | 日本語 | Pусский | Espanol | Deutsch

Flowは、オープンワールド向けのブロックチェーンです。

Flowは、モジュラーとして将来性のある、ユーザーおよび開発者の両者に優しいブロックチェーンの開発を目的とし、イーサリアムネットワークで最も成功している暗号アプリケーションを支えているチームがゼロから再設計しました。

Flowの新しい4ノードアーキテクチャは、分散化をあきらめたり、ネットワークをシャードに分割したり、または「レイヤー2」ソリューションを利用することなく、スピードおよびコスト面において大幅な改善を実現します。詳細は、ガイドページ
からご確認ください。
FLOWトークン(FLOW”または“𝔽”)は、Flowネットワーク内のネイティブ通貨であり、新しく、包括的かつボーダーレスなデジタルエコノミーのためのキーストーンです。ブロックチェーンがデジタルインフラストラクチャーである場合、Flowトークンは、ネットワークにパワーを与える燃料となります。
FLOWが新世代のゲーム、消費者アプリケーション、およびこれらを強化するデジタル資産のための理想的な通貨となる重要な特徴がいくつかあります:

  • Diverse use-cases
  • 広い分配範囲
  • インフレ

それぞれについて、さらに詳しく説明して行きます。

Diverse use-cases

FLOWは、Flowブロックチェーン上に構築されたアプリ、ゲームおよびスマートコントラクトのためのネイティブ通貨です。このため開発者およびユーザーが、ネットワーク上でのトランザクションにこの通貨を利用することができるということが保証されています。開発者は、サービスへ対する請求をしたり、消費者自身が生み出した価値に対する報酬を獲得するためのピアツーピア決済用に、FLOWをアプリへ直接、簡単に組み込むことが可能です。さらにFLOWは、ユーザー同士のピアツーピアにより保有、転送またはトランザクションに利用することも可能です。

トークン保有者は、セキュリティデポジットとしてFLOWをステーキングし、バリデータノードを実行することでネットワークの安全性を強化しようと取り組む、または自身のステーキングをプロのオペレーターへ委託し、代わりにバリデータノードを実行することにより、報酬を獲得することが可能です。バリデータノードは、ネットワークに必要なセキュリティ、計算およびストレージサービスを提供する代わりに、ステーキングの報酬およびトランザクション手数料を獲得します。

新規ユーザーアカウントから、資産やスマートコントラクトのためのストレージまで、ネットワーク上の全てのアクティビティでは、少額のFLOWトークンが必要となります。ネットワークが成熟するにつれ、FLOWトークンの保有者は、今後も増え続ける様々な方法でFLOWを使用することが可能となります:

  • 計算および検証サービスへ対する支払い(例:トランザクション手数料)
  • 交換手段
  • データストレージへのデポジット
  • セカンダリートークンへの担保
  • Participation in governance

完璧な決済とは、あらゆる関係者へ対しシームレスな体験を提供することです:購入者は、保有しているあらゆる通貨で支払いを行います;販売者は、希望するあらゆる通貨で価格を設定し、支払いを受取ります。Flow上のアプリケーションでは、これを実現することが可能です。Flowでは高いスループット、低い手数料、さらにACIDを完全に保証することで、開発者が、トークン間でクリアリングハウスとして機能する分散型取引所(DEX)を実装することができるようになります。Flowでは、これらのDEXにおけるフロントランニング攻撃をかわすため、高頻度バッチオークションを利用するという機能が備わっています。

FLOWトークンはネットワーク上に遍在しているため、薄商いであるトークンペア間での通貨交換のための「ブリッジ資産」であることは明確です。Flow上のセカンダリートークンの数が多くなるにつれ、取引可能なペアの数も飛躍的に増加し、これはあるスワップにおいては、FLOWなどの仲介資産が必要になるということを意味しています。

重要なことですが、ネットワーク上の、例えばストレージの支払いおよび/または担保として機能するその他のトークンを作成したり、使用するためには、FLOWが必要となります。これについては、以下の技術に関する記述で概説し、今後ホワイトペーパーで詳細を説明いたします。さらなる価値がFlowブロックチェーン上で生み出されると、FLOWトークンの需要もさらに高まり、経済的にもインパクトを与えることとなります。

広い分配範囲

ネイティブトークンの分配は、ネットワークの分散化および長期的な成功にとって必要不可欠です。トークンの供給を集中して管理してしまうと、開発者が簡単にアクセスすることができなくなります。また開発者が、ネットワーク上でストレージやアカウントデポジットをカバーし、さらに新たにスマートコントラクトをデプロイし、トランザクション手数料(「ガス」)を支払うためには、ネイティブトークンが必要となります。

Flowの可能性を十分に実現するためには、安全かつ持続可能な分配方法が重要です:FLOWトークンは、ふさわしい人に管理してもらわなければなりません。技術力およびクリプトエコノミクスのセキュリティに加え、健全かつ持続可能な分配方法は、Flowブロックチェーンの長期的な成功において非常に重要です。

FLOWは様々な新しいコミュニティが、ブロックチェーンおよび分散型アプリケーションへアクセスするきっかけとなり、憶測ではなく、実際のユースケースから構築および利益を得ることとなるでしょう。優れたユーザー体験を設計することで、FLOWの保有および利用がシームレスになります。最終的にFLOWは、価値を生み出し、共有するコミュニティを全て一緒にネットワーク上に構築することに繋がります。 
Flowでは、大規模なエンゲージメントプログラムを開発しています:

  • クラウドバーストパートナー:1つ以上のFlow バリデータノードを運用し、Flowネットワークコンテンツを構築する開発者、設計者、アーティスト、コミュニティオーガナイザーおよびアントレプレナーへ対し報酬を分配するため、FLOW保有者が選出した組織または個人
  • 多数のバリデータ:Flowの早期サポート、最小必要量のコンテンツ構築のヘルプ、持続可能なネットワークに必要な分散型リソースに関心のある開発者、インフラストラクチャーパートナーおよびその他のエコシステム参加者
  • 分散型のレピュテーションおよびインセンティブプロトコル(DRIP):アクセシビリティおよびFlow上のアプリが熱心なユーザーを獲得することができるよう、サポートを提供するために設計され、DRIPがステーキング、担保およびFlowエコノミーへの積極的な参加の目的においてFLOWトークンをエンドユーザーへ分配します。

パワフルなテクノロジー、素晴らしいコミュニティ、そして強力なインセンティブ設計のおかげで、FLOWでは、今日のアーリーアダプターが、明日のオープンワールドを構築することが可能となります。

低インフレ

Flowなどのブロックチェーンは、ネットワーク上のアクティビティをサポートし、資産価値を安全に保つコンピューターハードウェア(「バリデータノード」)を実行する分散型コミュニティが原動力となっています。その他のブロックチェーンでは、バリデータノードオペレーターをネットワークへ引き込むため、新しいトークンの作成および配布(「インフレ」)に大きく依存しています。

残念ながら、あらゆるエコノミーにおいて、インフレには代償が伴います:新たに作成されたトークンサプライは、全トークン保有者を希薄化することで、保有に対する税金または日常的に使用するものとして機能します。Flowでインフレに上限を設定しているのはこのためです。実際に、Flowではネットワーク手数料が増額するにつれ、インフレは低くなります。

Flowでは通常、ノードオペレーターへ対し一定の支払額を保証し、トランザクション手数料と保証されている支払額の差を埋めるために必要な場合にのみ、新たなトークンを発行しています。トランザクション手数料がこの支払額に近付くにつれ、新発行は0%に近くなります。トランザクション手数料が支払額を超過すると、将来的なインフラを相殺する目的で使用するため、エスクローアカウントに無期限で保管されます。

運用初年度は、担保、支払いおよびその他Flowエコノミーを補完する部分が成熟すると同時に、より高度なステーキングを促進する目的でインフレは高くなります。

技術について

トランザクション処理および計算

分散型ネットワークとして現在、Amazon Lambdaが処理能力へ対し請求しているように、Flowではユーザー(またはユーザーが使用しているアプリ)へ対し、サービスに関するアクション1件ごと請求を行います。

Flowネットワークでは2種類の手数料が発生します:

  • 処理手数料は、トランザクションを送信およびブロックへ含めるための手数料です。
  • 計算手数料は、残高のアップデート以外で計算が必要とされるより複雑なオペレーションへ追加されます。

特にネットワークの初期では、トランザクション手数料は0.001 FLOWまたは1 mF(milli FLOW)と低い設定となります。

ステーキング報酬およびインフレ

プルーフ・オブ・ステークネットワークとして、Flowブロックチェーンでは、ブロックチェーンを実行するインフラストラクチャーの一部として参加するため、FLOWトークンで表示されるセキュリティデポジットをロックするためのバリデータノードが必要です。これはステーキングとして知られています。ステーキングは、低コストの「シビル」攻撃(ネットワーク上で1人の攻撃者が、たくさんの個人になりすまし、不適切な影響力を得ること)を防止し、バリデータがネットワークを攻撃しようとした場合、没収するこが可能な担保付きのデポジットとしての機能を果たします。

Flowでは毎年、新発行(インフレ)およびトランザクション手数料(インフレとの組み合わせでは「総報酬」)の組み合わせにより、バリデータノードオペレーターへの報酬として、FLOWトークン全体の一定数量を分配しています。総報酬は、ネットワークの安全性を確保しながら、最小限となるよう慎重に選定されます(現在、年間総トークンサプライの3.75%に設定される見込みです)。過度のインフレはあらゆる予期せぬ結果を招き、ステーキングの対象とならないケースでは、トークンの魅力が損なわれてしまいます。

ステーキングをする人が、常に最も必要な役割であるノードへとして意欲的に参加してもらうためにも、各役割へ割り当てられる総収入は、報酬係数として知られる一連の倍数により調整されます。これらの値は、プロトコルにより自動的に調整されます:特定の役割が、他の役割と比較しステークが継続的に低い場合、実際のステーキングバランスがターゲットとなる比率に近くなるまで、プロトコルがその種類のノードへの支払額を増額します。以下の図で示している通り、初期にはノードプール間で分割されます(セキュリティを最適化する目的で計算されます)。ノードプール間での初期分配(セキュリティを最適化するために計算)については、以下の図をご覧ください:


Flowノードは報酬を受け取るため、プロトコルで決定した手順に従います(ノードの役割に基づきます)。プロトコルから外れたものは、報酬支払額が減額になるか、罰を課せられる結果となり得ます。この賞罰の構造は、プロトコルのセキュリティを保証し、時間の経過とともにパフォーマンスを最適化するための設計となっています。

深刻なインフラは、ネットワークの安全性を損ない、罰を課せられたノードから、ステーキングをした一部または全てのトークンが没収される、またはトークンが焼却されるという可能性に繋がります。これは「slashing(資金の没収)」(「slashing条件」)として知られています。本文書では、プロトコルのセキュリティに繋がるプロトコルに対する最も深刻なインフラについて概説いたします。これらの条件を適用することは、プロトコルのクリプトエコノミクスセキュリティにとって非常に重要です。Flowでは、安全性および活性にとって深刻な脅威が没収可能な条件である場合やその脅威自体のみを考慮しています。また、パフォーマンスに関連したslashingペナルティーはありません。

ストレージへの支払い: FLOW最低残高

Flow上のストレージは、スマートコントラクトではなく、個人のユーザーアカウントと関連付けることが可能です:これは些細な機能ではありますが、Flowアプリケーションのユーザー体験に多大なプラスの影響を与えます。この機能のないブロックチェーン上では、スマートコントラクトの開発者の代わりである「state rent」の滞納は、ユーザーの資産を一掃する原因となり得ます。Flow上では、ユーザーの資産は、ユーザーの同意なしに消滅したり、処分されることは決してありません。

Flowでは、(FLOW内に)ロックされたデポジットとして最低残高を求めることで、アカウントごとにチェーン上のストレージ費用をカバーしています:このデポジットは使われることはありませんが、流通することもなく、ストレージを提供しているバリデータノードへのステーキング報酬を増額します。

ローンチ時のFlowアカウントの最低残高は、わずか1 FLOWの予定であり、最初に必要なアクティビティのほとんどをカバーするには十分です。オンボーディングをより簡単にするため、開発者に明確なビジネスモデルがある場合(例:ユーザーへサブスクリプション手数料を請求する、またはゲーム内アイテムの販売など)、この最低残高はユーザーの代わりに開発者により提供することが可能です。FLOWへのアクセス権がない開発者は、トークン保有者から直接借りたり、または独自にセカンダリートークンを設定し、分散型、トラストレス、クラウドファンディング形式のコミュニティでFLOWへ両替することが可能です。

FLOW残高が多いということは、ユーザーまたは開発者が、より高いストレージ容量へアクセスすることができるということを意味しています。バリデータがスケールメリットおよびストレージコストの軽減を実現すると、ロックされたFLOW、1単位あたりのストレージ容量が、時間の経過とともに劇的に増加することが期待されています。

Flowエコシステムリザーブは、ネットワーク稼働後数年間において、広範囲におよびコミュニティ組織と連携し、1000万アカウント以上へ分配する権限を有しています。これにより、Flowを使いたい、またはFlow上に構築したい人は誰でもアクセスすることができるようになります。

代替可能なトークンに必要なストレージは非常に小さい一方で、NFTはそれぞれ固有であるため、かなり大きなチェーン上のストレージ(および関連するFLOWの最低残高)が必要となります。パワーユーザーは、より高いストレージ容量にアクセスするため、独自に残高を維持することが可能です。

長期的には、ユーザーエージェント(ウォレット)およびDappsは順番に、リソースを削除、またはそれと同じくらい簡単に、オフチェーンまたはアーカイバルなチェーンソリューション(例:Filecoin、arweave、またはFlow上に直接構築されている同様のソリューション)にリソースをバックアップし、ユーザーがネットワーク上のストレージを「リサイクル」する手伝いをすることが可能です。

Service Protocols

分散型アプリケーションの新しいビジネスモデル、サービスプロトコル(またはミドルウェアプロトコル)とは、ネットワーク全体のアプリケーションで利用されるサービスを提供するスマートコントラクトです。Chris Burniskeさんはこう説明しています

ファイナンシャル、ソーシャル、テクノロジカルであれ、インターフェイス層に特定のサービスを提供することにフォーカスしているため、これらをサービス層プロトコルと呼んでいる人たちもいます。ファイナンシャルサービスには、両替、融資、リスク管理などが含まれます;ソーシャルサービスでは、投票の仕組み、仲裁、または法的契約管理を提供しています;テクノロジカルサービスは、キャッシング、ストレージ、ロケーション、およびそれら全てを結集した最高の物であるかもしれません。プロトコルサービスのために一元化されたOSは、インターフェイス層にきっちりとまとめられるべきです。

サービスプロトコルはオープンソースであるため、ブロックチェーン全体でコードを簡単に移動することが可能です。複製が困難な価値は、ブロックチェーンがコーディネートしているステート内に存在しています:ネットワークは、サービスのエンドユーザーのみならず、様々なエコシステム参加者全員へ影響を与えます。

その他のブロックチェーン上でのこのステートは、シャードへ分割またはシャード全体を埋めなければならず、これによりこれらを使用しているアプリケーションが複雑になり、コスト、レイテンシーおよびエラーの可能性が発生します。シャーディングはそもそも、サービスプロトコルを提供するネットワーク効果に水を差します。

Flowでは、ネットワーク上の各ユーザー、アプリやその他スマートコントラクトとして、サービスプロトコルは常に共有され、ACIDに準拠した同一のステート内に存在しています。これにより、他の開発者がネットワーク上に構築することが可能となり、ネットワーク効果の加速を促します。

注入:セカンダリートークンの新しいモデル

現在のブロックチェーンでは、サービスプロトコルのほとんどで、構築されているエコシステムへ対し価値が発生しないセカンダリートークンが使用されています。その結果、依存しているセキュリティであるブロックチェーンとは異なるインセンティブとなっています。Flowでは、ネイティブFLOW トークンのBonding curveメカニズムからトークンを「注入する」ため、キーとなるサービスプロトコルを推奨しています。

Bonding curveはもともと、薄商いであるときでも、トークンへ対し強力な価格発見および流動性を提供するためのメカニズムとして開発されました。例えば、注入されたトークンINFは、次のトレーダーへ対する為替レートをわずかに増加させる(需要に応じ金額が増額する結果となる)と同時に、現在の為替レートで適切な量のFLOWを提供する場合、誰でも新しいINFトークンを作り出すことが可能なスマートコントラクトによりコントロールされます。逆に、同一のスマートコントラクトにより、INF保有者は現在の価格(から小さなスプレッドを引いた価格)で保有分をFLOWと交換することができる可能性があり、これにより為替レートがわずかに低くなります。(この2つの投稿では、Bonding curveについてわかりやすく説明しています。)

注入されたトークンでは、この考えをさらに一歩進めており、予約トークンがセキュリティおよびガバナンス機能を備えている場合、Bonding curve下でロックされたトークンは、プロトコルガバナンスへ直接かつ積極的に参加しながら、サービスプロトコルが基となるチェーンのセキュリティのサポートを可能とするために使用することができるということに言及しています。

このようなものとして、注入されたトークンには保有者へ対する4つのメリットがあります:

  • 保証された流動性:Bonding curveは、サービストークン保有者が、FLOWに戻って来る流動性の高い市場が存在しているということを常に把握しているということを意味しています。サポーターは稼働初日から流動性があるということを知っているため、サービスプロトコルへは意識や関心が集まることとなるでしょう。
  • 低いボラティリティ:トークンへ対する需要が変化する時代において、Bonding curve では、価格およびサプライの両方を変化に応じ調整することが可能です。これにより、固定サプライトークンの悩みの種である景気循環の規模や可能性を軽減します。
  • セキュリティへの貢献:FLOWを担保として利用することで、ネットワークで必要なセキュリティをサービスプロトコルが後押しします。より多くのFLOWが担保としてロックされるということは、ステーキングへ対し可能な分はより少なくなるということを意味し、自由市場においてリソースを適切に配分することを可能としています。
  • プロトコルガバナンスへの参加:FLOWにより担保となったセカンダリートークンは、セカンダリートークンを使い投票することで、Flowプロトコルガバナンスへ参加することが可能となります。サービスプロトコルの所有者およびオペレーターは間違いなく、スマートコントラクトブロックチェーンにおいて最も重要なステークホルダーであるため、これが最善であると言えます。

Flowでは、分散型ステーブルコインを最低1つ含む、ネットワーク全体の利益となる初期サービスプロトコルの開始のため、エコシステムの基金の大部分を寄付する可能性があります。これらの基金が、直接流通することはありません:その代わり、ネットワーク全体でのアクティビティを生成するプロトコルをアシストし、必要なコストを補助するために使用されます。

Flow上のステーブルコイン

ステーブルコインは、フィアット通貨または通貨バスケットに対する価値が安定している暗号トークンです。

消費者アプリケーションおよびゲーム内のステーブルコインの価値は、特に初めのうちは、主流の消費者(および彼らにサービスを提供しているビジネス)は、自身の国の通貨でのトランザクションをより好むというところにあります。同様に、フォワードコミットメントを実施しているビジネスは、予測可能性および費用として同一の通貨で売上を計上することができるというところに価値を置くことになります。

ステーブルコインは、Flow上へ簡単に実装することが可能です-すでにいくつかを実装する予定です。ステーブルコインには、通常2種類あり、どちらもネットワークリソースへ支払うためには、FLOWトークンが必要です:

  • Fiat-backed stablecoins are fungible tokens whose supply is based on an equivalent amount of fiat currency available for redemption, typically in an audited bank account. Like all Flow users, holders of fiat-backed stablecoins still require a minimum balance of FLOW – this can be provided on their behalf by the application.
  • Algorithmic stablecoins use FLOW token itself as collateral to create a secondary token whose supply is adjusted automatically to stabilize its value relative to given fiat currencies. Flow has reserved a significant allocation of FLOW tokens to bootstrap the collateral for at least two implementations of algorithmic stablecoins on the network whose security is rooted in the native FLOW token itself.

時間の経過とともに、ユーザーがFLOWのネットワーク上での機能性に価値を置くようになると、ネイティブトークンは、固有の流動性および直接使用に基づいた交換手段として好まれるようになることでしょう。

Governance

ローンチ時、Flowプロトコルでは、オフチェーンガバナンスを非公式に採用する予定です:分散型コミュニティのために構築する権限を持つ開発チームが独自に運用することになります。現在のビットコインまたはイーサリアムのように、誰でもFlow GitHub repoで改善提案をすることが可能であり、その後FlowのチーフアーキテクトであるDieter ShirleyおよびAlex Hentschel率いる中心開発チームが調査をします。プロトコルのアップグレードは、採用について独自に決定するノードオペレーターへ対し提案されます。

コミュニティの努力により成り立つオンチェーンでの投票を、シグナリングメカニズムとして2020年後半に開始予定です:投票は拘束力を持ちませんが、コミュニティ全体で共有され、開発チームの努力を導きます。

さらに初年度は、自立分散型組織(DAO)全体において、投票にFLOWまたは「FLOW注入型」トークンを必要とする様々なエコシステムの開発を進めて参ります。Flowネットワーク上に構築されたサービスプロトコル(例:ステーブルコイン)は、完全なオンチェーンガバナンスへ転送されるプロトコル初の主要コンポーネントとなります。

時間の経過とともに、オンチェーンガバナンスを実装するネットワークのアップグレードを決定したり、それに関するフィードバックをFlowコミュニティへお願いすることとなります。FLOWステークホルダーは、日々の決定を行う代表者へ投票します。代表者の投票は、それぞれのトークン保有者が何もしなくても許可することが可能な(または積極的に覆すことが可能な)「デフォルト」として機能します。

ブロックチェーンへのアクセス権を持つ人が誰でも見ることができるよう、公開フォーラム上で提案をすることが可能です。実際当社では、トークンのステークホルダーが投票することなく、大部分が代表者により決定されることを期待しています。さらに全てが公で決定され、ステークホルダーは、特定の決定へ投票する、または代表者を入れ替えるために投票するための、トークンステークホルダーによる草の根活動を組織する機会を持つことができるようになります。ガバナンスプロセスによる決定には3種類あります:

  • エコシステムに関する決定:プロトコルの定義内で表すことが不可能なネットワークの機能に関する問題:これには、代表者の選出や基金が設定した補助金および賞金の決定が含まれます。
  • プロトコルパラメーター:(ノードタイプごとの参加者数など)プロトコルのいくつかの側面はパラメーターとして設定され、プロトコルアップグレード(および新バージョンのノードソフトウェア)を必要としません。これらのパラメーターは、ガバナンスプロセスにより設定可能です。
  • プロトコルのアップグレード:プロトコルのアップグレード(別名「ハードフォーク」)は、コンセンサスアルゴリズム、下位のネットワーク通信構造、新たな実行環境の変更または追加など、理論的にはプロトコルに関することは何でも変更することが可能です。実際、このようなアップグレードは非常にまれであり、大部分のFLOWステークホルダーの参加や各ステークホルダーからの同意が必要となります。

設立チームとして、本文書にて、ネットワークがコミュニティガバナンスへ移行したとしても、精力的に保護して行くつもりである主要理念へ対する懸命なコミットメントを記録したいと思っています。未来のコミュニティメンバーは、これら理念に背く行動を取ることがないよう、慎重な対応をお願いいたします:

  • ノードタイプ間での力のバランスを維持する。
  • インフレ率を可能な限り低く保つ(現在は最大3.75%)。
  • FLOWが担保となったセカンダリートークンの第一次準備資産として利用されるようにする。
  • トランザクションおよびストレージ手数料が、短期間(数分および数時間)では十分予測可能であると同時に、長期間(数日および数週間)にわたり市場の需要に対応するようにする。

最後に:Genesis

ローンチを迎えるにあたり、100名以上の開発者、設計者、さらに複数の企業および国からの製品および人々が努力を集結し、Flowネットワーク、関連するツールおよびコンポーネント、およびネットワーク上に構築されたコンテンツを作り上げました。

製品が完全なオープンソースであること、トークンが作成され、メインネットが十分に機能していることにより、新世代のアントレプレナー、開発者、設計者およびクリエイターがFlowに参加することを可能としています。

Flowはメインストリームでの導入を目的とし、設計されています。数十億というファン基盤に組み込まれているネットワークサーバー上ですでにアプリケーションの構築を進めております。これは、コミュニティへ対し、コミュニティ主導のガバナンスおよび最終的な所有権はもちろん、新しいビジネスおよび設立モデルを試みるための新たな製品およびサービスを構築する機会を示しています。

Flowは、信頼性が高く、時間とともに発展して行く将来性のある基盤はもちろん、迅速な実験を行うためのサンドボックスです。

FLOWトークンは、開発者のための完全に新しいビジネスモデルを後押しし、数百万人のアーリーアダプターに対し、初めてDappsを利用するためのオンボーディングを実施します。最終的には、FLOWはネットワークを一緒に構築および利用するため、コミュニティ全体をまとめ、価値を生み出し、共有します。

世界をよりオープンで、透過的、そして喜びに溢れた場所へすることがFlowの使命です。皆様のご参加をお待ちしております! クリエイターの参考になるリソースをいくつかご紹介いたします:

  • FlowガイドFlowのユニークなアーキテクチャ、当社がスケーラビリティに関するその他のソリューションを信用していない理由、当社のアプローチがユーザーおよび開発者にとってなぜ優れているのか、についてここから読むことが可能です。
  • Flow Playground初の高水準リソース指向プログラミング言語であるケイデンスについて学習し、当社の素晴らしいチュートリアルを参考に、Flowスマートコントラクトを書いてみましょう。
  • トランザクションジャーニー(近日公開)アカウントの作成からトランザクションの署名まで、ユーザージャーニーをたどり、Flowが既存のネットワークとどのように異なるのか、そしてなぜより優れているのかをここから読むことが可能です。
  • 開発者ツール構築する準備が整ったら、喜んでください。Flowでは素晴らしいエミュレータ、SDK、コマンドラインインターフェースや関連するツールを提供しています。