特許に関する約束

はじめに

クリプトキティのローンチ後、Dapper Labsチームは、トランザクションのオーダーに関するコンセンサスに至るプロセスを分割し、これらのトランザクションの結果を計算することが、2つの独立したプロセスとして扱われるというインサイトに関する特許を申請しました。このインサイトは、現在Flowとして知られるものの開発および設立に繋がりました。

Flowでは、シャーディングなしにスケール可能なブロックチェーン環境を実現するため、このインサイトを利用しています。チームは、このネットワーク初版の利用が近い将来可能となるよう、一生懸命努力しています。

当社のコードを2020年にオープンソース化する準備が整ったとき、このコードを使い、その上に構築する人たちを保護するため、レポジトリには特許も含まれることになります。

この空間のパイオニアおよびイノベーターとして、当社では、Flow上にビジネスを構築するクリエイターや開発者の役に立つことに尽力しています。この特許の独占権を行使することは、当社の意図するところではありませんが、むしろ同一のオープンソースコードベースへの貢献を認識したいと思っています。

Dapper Labsは、オープンで楽しく、そして協調した未来を信じていますが、それ単体では起こり得ません。ブロックチェーン技術の様々な利用に関し、その他の企業でも特許を申請していることは知っています。チャンピオンたちが、オープンかつ参加型の世界を守る準備ができていないようでは、この技術は、その可能性に応えることができないかもしれません。

このため特許を申請し、また今後も躍進的な発明に関する特許を申請し、オープンワールドへ貢献していくつもりです。オープンソース現在、フレンドリーなその他企業の足跡をたどり、当社ではこれら特許の利用に関し、法的拘束力のある約束もしています。特許へ対し、防御的なアプローチを取ることは、特許を利用する企業だけでなく、オープンソースコミュニティへとっても役に立ちます。

当社の特許に関する約束

Dapper Labsでは、当社ユーザによる特許の使用を許可し、オープンソースソフトウェアを全て提供しています。該当するオープンソースライセンスに従い、当事者がDapper Labのオープンソースソフトウェアを作成、使用、販売、売込み、インポートまたは転送する限り、Dapper Labsは、当事者へ対し特許権を施行するをための基準として、当該行為を行わないということに同意いたします。

Dapper Labsは、他団体によるオープンソースコモンズもサポートしております。下記の制限に従い、当事者が公表されているのオープンソースライセンスのソフトウェアを作成、使用、販売、売込み、インポートまたは転送する限り、Dapper Labsは、当事者へ対し特許権を施行するをための基準として、当該行為を行わないということに同意いたします。

請求項に係る発明が、組み合わせの公表されているオープンソース部分において実質的に具現化している場合、さらに、当該組み合わせのその他全ての部分が単に可能であるまたは汎用技術または慣習である場合、オープンソースソフトウェアおよびその他ハードウェアまたはソフトウェアとの組み合わせも本約束の対象範囲となります。

本約束は、上記オープンソースソフトウェアに限定されています。当該ソフトウェアおよびそのソースコードが一般へ対し、オープンソースイニシアティブにより承認された許可のもと、無料で利用が可能でない限り、これはライセンスを得た以外のいかなるソフトウェアへ対しても適用されません。本約束は、請求の実質的な制限要素が当該ハードウェアにおいて具現化されている、いかなるハードウェアまたはハードウェア-ソフトウェア統合システムへ対しても適用されません。本約束は、Dapper Labsにより、そのソフトウェア、またはその他当事者へ対し特許権行使手続きを行っている当事者へ付与されたあらゆるオープンソースライセンスへ対し違反または終了の原因となる、またはDapper LabsまたはDapper Labsの特許権侵害(交差請求または反訴を含む)を非難する当事者へ対しては適用されません。

本約束は、Dapper Labs が所有または今後取得する全ての特許権および特許出願を含んでいます。Dapper Labsにおいて、本約束は取消不能(指定のない限り)であり、Dapper LabsおよびDapper Labsの特許権(Dapper Labsの特許出願により直接的または間接的に発行されるあらゆる特許権)の譲受人、または承継人へ対し拘束力および執行力を持つよう意図されています。本約束の一環として、Dapper Labsが当事者へ特許権または特許出願を販売、独占的にライセンスを付与、または譲渡または移転する場合、当該当事者は、当該特許権および当該特許出願に関し、直接的または間接的に発行される特許権に対する本約束を順守する義務があるということについて、書面により同意しなければなりません。当事者は、当事者の譲受人、承継人、および専用実施権へ対しても同様に義務があるということについても、書面により同意しなければなりません。

本約束に依拠する当事者は、Dapper Labsの特許権は、法的強制力があるまたはDapper Labsの特許権に記載されている特許発明は、他の特許権または他の知的財産権を侵害しないということを保証しているものではないということについて、理解するものとします。Dapper Labsは、知的財産権またはその他の侵害に関連する他の当事者からの請求に関し、当社の約束に依拠している当事者へ対し一切の責任を負いません。

Dapper Labsとは、Dapper Labs, Inc.およびその子会社およびアフィリエイトを指しています。本約束の対象となる「当事者」には、当事者の子会社およびアフィリエイトも含まれています。